So-net無料ブログ作成

カップヌードルミュージアム潜入レポートだにゃ! [さにゃあらず]

みゃっほー!

どもども。お久しぶり。
さにゃあらずのラフちゃんですにゃよ。

この間さにあらずの二人が、横浜に行くと言うので、
前からとぉ~っても行きたかった所へ連れてってもらったのです。

それがこちら!

カップヌードル ミュージアム~☆

cup001.jpg

なんでもここでは、オリジナル・カップヌードルが作らせてもらえるんだって!

ラフもカップヌードル大好きにゃの。
あのなんともジャンクなお味がくせになるんだにゃ。
世界に一つだけのオリジナルヌードルが作れるだにゃんて!
まぉ~っ!夢のようだにゃ!楽しゅみしゅみ♪

ささ。
さっそく中へ入りましょう。

とりあえず、一番のお目当て、体験コーナーへ猫まっしぐらに進みましたにゃ。


まずは空のカップを買って、ペンで自由にデザインするんだにゃ。

cup003.jpg

子供たちに混ざって真剣に作業する三十路っ子を発見。

そんでカウンターの中のおねぃさんにカップを渡してね、
カップヌードルの魂、つまり麺をパコッと入れまして。

cup004.JPG

好きなスープと具を選んで入れてもらいます。
ここでヌードルにアイデンティティがもたらされるのであります。

cup005.JPG

機械でびしっとフタをして、ラッピングをしたら。。。
ころーん♪と完成~にゃのだ~!

cup006.JPG

まるで我が子の誕生の瞬間に立ち会った気分。
きゃっほ~!うれしいです。わ~いわ~い♪

ぽんぽこりんに空気でふくらましたバッグに入れて、
過保護すぎるくらい大事に持って帰りましたにょ。

オリジナル・カップヌードル.JPG

そして、このカップヌードル ミュージアムには、
カップヌードルの歴史が学べる楽しい展示もいっぱいありました。

あとね、世界の麺料理が食べられるコーナーもあったにゃよ!
腹ペコ音楽家のさにあらずには大変嬉しい限り。とか。うんうん。

cup007.jpg

アジアのどっかの街中を再現した、ワールド麺ロードで、もぐもぐ。
しかし「世界」と言うわりには、ほとんどアジアでした。
頑張れスパゲッティー!!

カップヌードル ミュージアムは程好い「こじんまりとした」具合で、
けっこうリーズナブルにいろいろ楽しめるので、みなさんオススメですにゃよ☆
特にちびっ子はきっと喜ぶにゃ。三十路っ子と五十路っ子も喜んでたけど。ふふ。

そうそう。
ミュージアムって言うのに、バシバシ写真を撮らせてくれるのも嬉しかったにゃ。
むしろ、撮れと言わんばかりの勢いをそこかしこに感じましたにゃ。

「百福さんはそこらへん、わかってるにゃ~。」と
カメラが趣味のイージィも納得のご様子でした。

cup002.jpg

インスタントラーメンの父、安藤百福さんと、何故か世界の立派な人達と共に記念撮影♪

とっても大満足のさにゃあらずなのでした~☆


※追伸。
今回作った「さにあらずオリジナル・カップヌードル」。
猛烈に食べたい気持ちを抑えて、なななんと!
さにあらずを応援して下さる皆さんの中から2名様にプレゼントいたしまっす~!
どんな方法でプレゼントするかは、ただいま企画考案中☆お楽しみにぃ~(o´・ω-)b♪




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。