So-net無料ブログ作成
検索選択

さにあらず物語 [Story]



 帰るべき場所を求め、彷徨い続ける一匹の犬がいた。
 もう旅は終わりに近づいてる。
 その雄犬は、自身の成り行きをじっと待つかのように街角に佇んでいた。
 すると、眼鏡をかけた一匹の雄猫がふいに目の前に現れ、きっと睨めつける様な眼差しでこう言った。
 「おまえは猫だ。」
 投げ捨てるように言葉を吐き出すと、さっと身を翻し裏路地に体を滑り込ませ消えていった。
 「おいっ、ネコ!」
 一瞬、その言葉の意味を理解しようと思考した隙に、その眼鏡のネコは視界から消えてしまい呼びかけは届かない。
 いったい、どういう意味なんだ? どこから見たって俺は犬じゃないか?
 おかしな猫もいたもんだ・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。