So-net無料ブログ作成
検索選択
さにあらず賞 ブログトップ

『さにあらず賞』第一回 受賞者代発表ヽ(・∀・)ノ♪ [さにあらず賞]

この度勝手に制定いたしました、『さにあらず賞』!!

え~、イマイチ何なのか意味がわからない。とかおっしゃる皆様をもはや置き去りにして、
記念すべき第一回目の受賞者を、いよいよ発表したいと思いまっす!!

はわわ!どっきんこ!

※さにあらず賞について詳しくは前回の記事→こちら
もしくはさにあらずHP→Sanialaz Award にてちぇけらって下さい。

ではさっそく参ります。。。

栄えある第一回『さにあらず賞』受賞者は・・・・・・



横浜在住・魔王・・・と言えばこの方!!
『喉』さんです!!!!

魔王.JPG

”魔王の笑い声”と称される超低音ボイスと アコースティック・ギター一本のみで繰り出される 轟音プログレッシブ・ポップ。 ”アーティスト交流会システム”の提案。 ”多人数ギターセッション”の開催。 他にも様々な企画、イベントを提案し 横浜・都内を中心に”侵略”を進めている。
※喉さんのプロフィールより引用!

喉さんについての様々な情報はこちら↓↓↓をドゥゾ(o´・ェ・)っ

★Official Blog 「喉のことでお悩みなら」★
http://ameblo.jp/nodo59

★Twitter★
https://twitter.com/nodo69

Facebook
http://www.facebook.com/nodo59

★audioreaf★
http://www.audioleaf.com/nodo/

★youtube★
http://www.youtube.com/user/nodo59

ひゃっほ~!!
勝手におめでとうございます!!勝手に!!

去年2012年の間で、我々に感動を与えて下さり、またお世話になった大勢の方々の中から、
今回は、喉さんを『さにあらず賞』に選ばせて頂きました。

理由を簡単に述べますと。

その卓越したパフォーマンスで我々を常に楽しませて下さった事。
そして色々なイベント等を通して、多くの出会いをもたらして下さった事。
更に、いろいろな場面でたくさんのお力添えを頂いた事。

これらの要素をひっくるめて、「今回は彼しかいない」と満場一致にて決定したのであります。

では、ここから詳しく、私達さにあらずから見た喉さんと、賞までのあれこれをば。。。


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『さにあらず賞』って。。。なぬ?( ゚Д゚ ) [さにあらず賞]

ウィキペディア先生曰く。

賞(しょう、アウォード、アウォーズ、プライズ、award、awards、prize)とは、表彰の一種である。 個人や団体に対し、審査や判定をした上で、ある分野での秀逸性や達成した業績を讃える目的で贈呈或いは授与されるもの。
Wikipedia「賞」より

ほほうなるほど。しょうですか。。。

さに通1.jpg

ノーベル賞・アカデミー賞・グラミー賞・芥川賞・・・

この世に存在する名だたる「賞」の数々。
受賞者には最高の栄誉がもたらされ、一躍時の人として世界の賞賛と憧れを一身に受けるであろう。

賞かっこいい!!賞!欲しいな!賞!

しかし、賞を貰うには、類まれなる秀逸性を発揮し、偉大な業績を残さなければならぬ。
そのための努力。コレもまた日々尋常でない位に必要とされる。
受賞への道は果てしなく険しいのである。

さに通2.jpg

あぁ。自分には一生縁の無さそうなお話しですね・・・。

そんなふうに、諦めてしまうのも無理はない。

しかし!

あなたはご存知でしょうか?

この世に「なんか貰えそうな気がする」ゆっる~い賞が存在する事を!

その名も『さにあらず賞』!!

さに通さにあらず賞.jpg

名前からしてどうしようもない感じだ!なんとなく適当だ!

そもそも何なのかよく解からないという方は(大半の方がそうであろうと思いますが)
我々のHPにて詳しく表明しておりますので、ちろっと読んで見て下さい。
↓↓↓
Sanialaz Award

簡単にご説明しますと。
さにあらずが年に一回、独断で選んだ一組の方を勝手に表彰し、
賞状と金一封を差し上げる。というものです。

なんか全然解からないけど、とりあえずどうやったら賞が貰えるのか。と。

それは簡単。

続きを読む


タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
さにあらず賞 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。